NARUNIHA【WEBデザイナー】

Webデザイナーのお仕事

Webデザイナーの仕事とは

デザイナー

WebデザイナーはWebサイトのデザインをする仕事です。
ショップのサイトや官公庁のサイト、都道府県の観光サイトなど実に様々な種類のサイトを手がけることになりますが、お店などのサイトを担当することが一番多いでしょう。

サイト作成知識と商業的な目線

デザイナーの仕事は、やはり見た目的なデザインを主に担当します。
実際にサイトを作るところまでは行わず、画像などを並べて「こんなサイトにする」という見た目を構築することもあれば、サイトを実際に作るところまでを担当する場合もあります。
見た目的なデザインをするだけであればサイトを実際に作成するためのスキルは必要ないように見えますが、サイトのどの部分をどんな風に動かすか、どんな風に表現するかを考えた上でデザインしなければいけません。
そのため、サイトを作成するための知識も持っていなければ自分の思うデザインを表現できなかったりしてしまうので、サイトを作成する知識ももっていなければいけません。

また商業的な目線というのも持っていなければいけません。
どんなデザインであれば訪れた人が見やすく、そのサイトで宣伝している商品やサービスを魅力的に感じることができるかどうかということを考えられる視点が必要です。
サイトは訪れる人がいて、宣伝したいものや伝えたいことが必ずあります。
それを十分に宣伝することができるか、訪れた人が見て見やすいかなど、ただアート的なデザインをするだけではいけないのです。

参考:Webデザイナーとは?

こうしてみると、デザイナーの仕事はデザインをするだけではない場合がとても多いです。
大きな会社であれば本当にデザインだけを行うデザイナーとして働くことも可能かもしれませんが、そうでないこともたくさんあります。
これからこの仕事を目指していくに当たって、どんな仕事をしなければいけないのかをしっかり理解した上で、自分はこの仕事が出来るかどうかをじっくり考えて行くと良いでしょう。

向き不向き

Webデザイナーはデザインの仕事なので、特に向き不向きがあります。
どんな人にこの仕事が向いていて、どんな人には向いてないのかを紹介しています。

収入

Webデザイナーになりたいと思うなら、収入は気になる点ですね。
雇用形態や働き方ごとに収入事情をまとめています。